本文へ移動
2024年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 土曜休日
株式会社伊予機械製作所

〒799-0403
愛媛県四国中央市三島朝日
2丁目13番28号
 
TEL.0896-23-3515
FAX.0896-24-5665
 
0
7
8
3
1
6

今月のつぶやき

2024年3月のつぶやき

使える? 俳句のテクニック
「空なんか青いに決まってんだから色なんて書かなくていいの!」

「プレバト」というテレビ番組があります。
 芸能人がいろいろな芸術に挑戦して、プロに点数をつけてもらう番組です。
 特に俳句のコーナーが好きです。5・7・5に詰め込んだ詩。奥が深い。

 芸能人の作った俳句を先生が添削して直すのですが、そのテクニックが文章を書くことにも応用できるのです。私もよく使っています。
 エックス(旧ツイッター)では文字数の制限があって、長すぎる文章は入り切りません。その他にも文字数に制限がある文章を書く機会はあるでしょう。
 文章が何文字かオーバーします。本文のどこかを削らないといけません。そこで俳句のテクニックです。

「青い空」「白い雲」など、言わなくてもだいたいわかる情報は削れます。「海を真っ赤に染めて沈み行く太陽」なども「海に沈む夕陽」と言い換えればかなりの節約です。
 もちろん、ビジネスの文章で省略をしすぎて、伝えたい情報が伝わらなくなってしまってはいけません。しかし、冗長な表現を削ることにより、伝わりやすくなる効果のほうが大きいと、私は感じています。
 字数をオーバーするくらい書いてから削ったほうがいい感じになりますね。

 俳句や短歌は、文章力を鍛える、よい練習になると思います。



TOPへ戻る