本文へ移動
2022年5月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 土曜休日
  • 春季大型連休
株式会社伊予機械製作所

〒799-0403
愛媛県四国中央市三島朝日
2丁目13番28号
 
TEL.0896-23-3515
FAX.0896-24-5665
 
0
5
5
3
2
9

今月のつぶやき

2020年11月のつぶやき

◇やりたいことをやって生きる
「人の意見は気にするな。やりたいことをやって生きよう」
 
 ちょっとした暇があれば、ビジネスに関連した本を読んだりしていますが、上に書いたようなことを言っている人は結構います。

 企業などで成功した人、人生逆転勝利をした人などの書いた本は、下記のようなストーリーが多いです。
 
「自分のアイデアに『前例がないから』とか『そんなことできるわけがない』などと反対する人がいたけれど、信念を貫き、続けていたら大成功した」
 
 なので「他人の意見、批判などは気にせず。やりたことをやろう」という結論になるのです。
 特にIT関連で急成長し、若くして富を手に入れた人にこの傾向が強い気がしています。
 
「炎上される者になれ!」
「本音で生きる」
「好きなことだけで生きていく。」
 
 これは堀江貴文さんの本のタイトルを並べただけですが、他人の目を気にしない感がとても出ています。
 ただ、彼の意見は「他人の意見ばかり気にしていたり、批判を鵜呑みにしたり、人の顔色ばかりうかがって生きていたら『自分の人生』が生きられませんよ」ということが基本です。
 ですけども。

 最近「他人は気にせずやりたいことをやる」が、ゆがんで解釈されている気がするのですよね。
 例えば。
 
「マスクを買い占めて、高値で売りつける転売屋」
「やむを得ない理由があるわけではないのに、マスクを拒否して飛行機を止めてしまう人」
「他人に被害を与えて(時には犯罪行為までやって)まで広告費がほしい動画配信者」
 
 他人の目を気にしなさ過ぎ、で収まるならまだいいのですが、他人に被害を与えてでもやりたいことをやる、というのは、それはもう駄目でしょう。
 
 
TOPへ戻る